スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keith Sweat [Just Me] ちょっとレビュー

2008年05月29日 00:01

さて、谷間の5月かと思っていましたが、月末に来てリリースラッシュです。

Usher、Keith Sweat、Sean Garrett、Al Green、Taio Cruz、M Pokoraといった新旧アーティスト入り乱れての合戦場と化してます。

残念ながらSean Garrettは本日の時点で輸入盤が入荷しておらず、未購入なのですが、UsherとKeith Sweatをゲットしてきました。
Al Greenにも非常に惹かれて、手には取ったのですが気分で棚に戻してしまいました。

Usherの新作「Here I Stand」に関しては至るサイトで評価されるだろうという予測の下、fleasoulではKeith Sweatを一押ししてみようと思います。

Just MeJust Me
Keith Sweat

Atco 2008-05-13
売り上げランキング : 1447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


HMVの「R&B特集」ページでは影響力が★3つ中2個、Sweet Voiceも★2個という評価だったのですが(→HMV内「今をときめく男性R&Bシンガーのすべて」ページへ)、私にはSexyとSweet Voiceの判断基準の差がわかりません。

最新作である「Just Me」、メジャーレーベルの配給ではなくATCOなるレーベルからのリリース。
が、Teddy Riley、RL (from NEXT)、Keyshia Coleを迎えているという玄人好みな人選。

特筆すべきは(2) The Floor でプロデュースをしたTeddy Riley!
Snoop Doggの最新作への参加と言い、そろそろ大復活の兆しでしょうか。
久々にTeddyのトークボックスプレイを堪能出来るミディアムスロウの一曲です。

NEXTのRLも2曲に参加。
(4) Sexiest Girl はアルバムリリース前からネット界隈で出回っていた曲ですが、少しPhil Collins的なシンセのダークさ加減がKeithに程よく絡み合ってます。
RLも近々ソロアルバムが出るのでは、という噂があるので活動的になってるのでしょうか。

(5) Butterschotch は、盟友Athena Cageを迎えてます。
イントロでT-Painよろしくオートチューンを使用してます。
毎回思いますが、Keithの女声プロダクションとシンセの構成はお見事と言わざるを得ない。

(7) Suga Suga Suga でもその女声を巧みに駆使してます。
Paisley Bettis、Sweat Entertainmentの新人だそうで、少しLil' Moの声質とかぶるものがあります。
Roger Troutmanと共演したKeith自身の「Put Your Lovin' Through」を完全にトレースしているかのような出来映え。(もちろん褒め言葉です)
このシンセフレーズ、Zappのだったと思いますが、まったく思い出せません…

(9) Love You Better は映画「Welcome Home Roscoe Jenkins」のサントラにも収録。
Keyshia Coleもかなり堅実な仕事をしてます。

下記のmyspaceで何曲か試聴可能となっています。

→Keith Sweatのmyspaceへ

全曲、捨て曲なしの12曲!
スロウジャム好きなら買わない手はありません。
でもやっぱり今のR&Bシーンでは絶対にウケないんだろうな、と少し哀しくなってしまうぐらい内容が素晴らしい。
どおりでメジャー配給ではないわけです、Keithがやりたいように、歌いたいように仕上げるにはメジャーでの制約はあまりに大き過ぎるのかもしれません。
ラッパーを一人も呼ばずにアルバムを最後まで歌い通したKeithに感謝です。

90年代のR&Bが持っていた甘い甘いメロウな部分と、それを活かし続けてきたKeith Sweatの現在のノウハウが見事に融合した今年の名盤だと思います。

温故知新ならぬ、温新知古の一品です。

*関連Tube*

Keith Sweatと言えばこの1曲。
スポンサーサイト

Gnarls Barkley [St. Elsewhere]

2006年05月21日 23:35

St. ElsewhereSt. Elsewhere
Gnarls Barkley

Downtown 2006-05-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここ最近のペパロニピッツァの釣果として、一番輝かしいものはコチラ!
Gnarls Barkley(なーるず・ばーくりー)。
新人アーティスト?って感じですが、実際は奇才Cee-LoとJay-Z×Beatlesのマッシュアップ「The Grey Album」で一躍スターダムにのし上がったDJ Dangermouseの二人の変名プロジェクトなのです。

先行リリースの「Crazy」が至る所で大ヒットを飛ばし、iTunes Music Storeでは、アルバムリリース前の販売でトップに君臨し続けて話題になっています。

↓「Crazy」はこちら


→Gnarls Barkley公式サイトへ

なんというか、UKらしさが前面に出たスモーキーなアルバムでした。
そこにCee-Loの輪郭がハッキリした声が載っていて、音源と音源のマッシュアップと言うよりも、雰囲気と雰囲気をマッシュアップしてるな、と。
もはやこれはマッシュアップ出身のDJだから、という固定観念なしで聴いてもらう方が正しいのかもしれません(と言いながら最初に書いちゃってるし)

それにしても、Cee-Loオジさんは一体どの方向性に進んでいくのでしょうか??
ますますもってカオス化してますね。
いやきっと本人は一切そんな風には思ってないのでしょうけども・・
gnarls-barkley.jpg

GnarlsBarkely_.jpg

これを見る限り、二人とも尋常でない事が分かります。
Ukでは、GorillazかRadioheadか、という大物グループに並べるほどの人気を得たようで、UKチャート7週トップに立っていました。

その一位を奪還したのが先日紹介したRed Hot Chili Peppersの「Stadium Arcadium」だそうで、まだまだ修行が必要なGnarls Barkleyです。

あ、なんで今回紹介したかと言うと、私このアルバムをTSUTAYAの中古コーナーで260円でゲットしたからなんです。
あまりにダークホース過ぎて、TSUTAYAの店員も気が付かなかったのでしょうか。
私にとってはラッキー過ぎるイレギュラーでした!

Trojan Box Set [Soulful Reggae]

2006年01月11日 00:19

Trojan Box Set: Soulful ReggaeTrojan Box Set: Soulful Reggae
Various Artists


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いつも上質なレゲエをお茶の間に届けてくれる、Trojanレーベルから、こんな興味深いBOXセットがリリースされていました。
3枚組ボックスセットで、ソウル曲のレゲエカヴァー曲を収録しまくってくれています。

=セットリスト=
ディスク: 1
1.Tears of a Clown
2.My Guy
3.You Keep Me Hangin' On
4.Let's Get It On
5.I Second That Emotion
6.I Can't Get Next to You
7.It's All in the Game
8.I'll Be There
9.Touch Me in the Morning
10.Midnight Train to Georgia
11.Ain't No Sunshine
12.You Are Everything
13.Since I Lost My Baby
14.One Bad Apple
15.Living for the City
16.Just My Imagination (Running Away With Me)
17.Boogie on Reggae Woman

ディスク: 2
1.Make It Reggae
2.Do It (Till You're Satisfied)
3.Reggae Stuff
4.Children of the Night
5.Crowded City
6.Theme from Shaft
7.Ooh Child
8.Stop the War Now
9.Law of the Land
10.Am I Black Enough for You?
11.Brown Baby
12.Do Your Thing
13.Message from a Black Man
14.People Make the World Go Round
15.Breezin'
16.Papa Was a Rolling Stone

ディスク: 3
1.Everybody Plays the Fool
2.Lean on Me
3.Break Up to Make Up
4.Homely Girl
5.You're a Big Girl Now
6.If You Don't Know Me by Now
7.Me and Mrs. Jones
8.Kung Fu Fighting
9.Have You Seen Her?
10.Rock the Boat
11.Stoned in Love
12.You Make Me Feel Brand New
13.Love on a Two Way Street
14.Brother Louie
15.In the Rain
16.T.S.O.P. (The Sound of Philadelphia)
17.Love and Happiness
==
とまあ、入りに入って50曲!やってくれますね、Trojan。
誰がカヴァーしたかは、まあ置いといて、曲名で「あの曲かな?」と思ったら、そう。
そうです。その曲で合ってます。
というぐらいの有名曲をカヴァーしまくってます。

音質はやっぱりのことお世辞にも良いとは言えないのですが、比較的大ネタな曲が多いので、聴いてて飽きません。
こういうやり方もあるんだなあ、と感心する事十数分。買って良かったと思ったコンピレーションアルバム今年の一枚目です。

→Trojan Recordsサイトへ

Trojanは他にもこのボックスセットシリーズ、やたらと出してましてコレクター魂に火がついてしまう人もいるのでは?
とにかくレゲエの面白コンピを手軽に探すなら↑のリンクからどうぞ。

Trojanって、やっぱり「トロヤン」って読んであげるべきなんでしょうか?
ロゴマークが完全にトロイの兜ですし。

Profile

ペパロニピッツァ

Author:ペパロニピッツァ
fleasoul管理人

Twitterアカウントを遂に開設しました。
(基本的にはブログ更新告知のみの予定)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。