スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチバンドPhoenixのゴシップ。

2013年02月12日 19:00

フランスを代表するポップバンド、Phoenix(ふぇにっくす)。
彼らのおもしろゴシップを発見しました。

Phoenixが新作を録音するにあたり、とある録音機材を購入する事となりました。
その機材とは、レコーディング・コンソール、俗にいうモニターです。
彼らはそれを半額に根切り、$17,000-で購入。日本円にしておよそ150万円。
重さは1,100ポンド、およそ550キログラムのその機材をカリフォルニアにあるスタジオからフランスはパリまで船で運んだとの事。

さて、何故、Phoenixの彼らはその機材を購入する事にこだわったのか?
答えは簡単です。

そのモニター機材は、ポップの帝王Michael Jacksonが、アルバム「Thriller」をレコーディングした際に使用した機材そのものだったからです!
バンドのボーカルThomas Mars曰く、「オタクか、有名人の遺品マニアでもないかぎり欲しがらないようなブツ」をスタジオで現物を見た瞬間に、バンドは「これを買うべきだ」と感じ、機材を所有していたエンジニアに交渉を始めたという事です。

そんなPhoenixが4月にリリースする最新アルバム「Bankrupt!」に収録されている楽曲は、このポップの帝王の遺品を使って録音されたとのこと。
そして、しかもこのアルバムタイトル、本当のところは「Alternative Thriller」と名付けられる予定だったとか。

いつの時代にも逸話を残すMichael Jacksonの凄さを改めて知りました。



【関連作品】
Wolfgang Amadeus PhoenixWolfgang Amadeus Phoenix
Phoenix

Glassnote 2009-05-26
売り上げランキング : 3359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/1226-d4317eb6
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。