スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pharrell、GQ誌の1部門に選出さる!

2013年11月20日 23:41

1384793917424_pharrell-williams-men-of-the-year-gq-magazine-december-2013-style-01.jpg
1384793917430_pharrell-williams-men-of-the-year-gq-magazine-december-2013-style-03.jpg

米GQ誌が選ぶ「ヒットメイカー・オブ・ザ・イヤー 2013」に、Pharrell(ふぁろー)が選出されました。
なんだかんだで二度目の大ブレイクを果たした年であったのは間違いない事実ですので、順当だと思います。

chart-attack-pharrell-williams-success.jpg

画像で観る、Pharrellのヒット履歴書。
2012年なんて、結構辛辣にヒットしてないね的な表記のされ方で、さすが甘やかさないアメリカだと思いました。
というか、Daft Punkとの「Get Lucky」が、本当の意味で復活劇だったのは数字が実証していたのですね。








と、とりあえずPharrellが席巻していた2006年チャートまでのPVを。
このあと凄い勢いで失速するわけですが、理由はPharrellの才能の枯渇というわけではなく、当時の音楽ムーブメントの時流が非常に大きく関係しているのではないかと思います。Jay Zですらチャート55位に留まるぐらいに不調だったということですし。
調べたところ2007年のビルボード年間チャート1位はなんとJay Z夫人ことBeyonceの「Irreplaceable」。
なんということでしょう、年間1位を獲るほどに大ヒットしていた記憶がありません!

チャート全体を観ても、ブラックミュージック自体の勢いが衰えているようには感じられないので、もしかしたら単純にPharrellの力不足だっただけなのかも…

容姿自体は全くと言っていいほど衰えていないPharrellだけに、きっとまた落ち込む時期が来ても乗り越えていけるプロデューサーだと思っています。
そろそろThe Neptunesを復活させてもいいんじゃないかなあ。

あとSpymobもリユニオンさせてほしいなあ。



【関連作品】
Sitting Around Keeping ScoreSitting Around Keeping Score
Spymob

Ruthless (Red) 2004-07-06
売り上げランキング : 205395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/1353-860e3a03
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。