スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coldplay 新作「Ghost Stories」を聴いて感じた事。

2014年05月20日 21:07



最近はマイケルの話題ばかりだったので、たまには違う音楽の話題を。

本日5月20日にリリースとなった、UKバンドColdplay(こーるどぷれい)の新作「Ghost Stories」。
6作目となる本作ですが、アルバムを出すごとに新しい音楽性やバンドの方向性を打ち出して、全世界の音楽ファンの目を釘付けにしてきた彼ら。

そんなアルバムを紐解いてみると、実に内証的で叙情的な表現がたっぷり詰まっています。



上の2つの動画が、つい先日NBCでの特番でパフォーマンスを披露した際のものですが、「A Sky Full of Stars」が『動』だとすれば、下の先行シングルにもなった「Magic」が『静』。
アルバム収録の9曲のうち、意外にも「動」の曲は2曲程度。全体を通して生音の温もりは少なく、どちらかというとアンビエントやエレクトロニカの趣があります。
既にBrian Enoはアルバム制作のクレジットには名を連ねておらず、前作「Mylo Xyloto」での、大仰な華飾音楽の反動すら感じました。
「スタジアムミュージックではない音楽を作る」という意志すら見えるぐらいです。


アルバムを聴いた時に、「ライブパフォーマンスはどうなるんだろう?」というドラムの打ち込み音源やシンセの音等が気になっていましたが、実にその辺りもこのバンドが長年培ってきた経験値で、その全てを巧妙にクリアしています。
Mylo Xylotoの鮮やかな色使いの世界から、一転して深遠な漆黒に近い闇へ。
もはやロックでもポップスでもなく、「Coldplay」というジャンルに到達したのかもしれません。

久々に、聴けば聴くほど味が出る”スルメ”に出会った気がします。



【関連作品】
Ghost StoriesGhost Stories
Coldplay

Parlophone (Wea) 2014-05-19
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Mylo XylotoMylo Xyloto
Coldplay

Emm/Capitol 2011-10-20
売り上げランキング : 1165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4 CD Catalogue Set4 CD Catalogue Set
Coldplay

EMI Import 2012-11-25
売り上げランキング : 1001

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/1407-69eed02c
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。