スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン出身の19歳、才能溢れるミュージシャンたち。

2014年09月07日 22:47



新人青田買いのお時間です。
いやあ、これは正に!傑作!近年稀に見る、素晴らしい新人!

と褒めちぎりましたが、あながち言い過ぎでもないかと。
サウス・ロンドン出身の19歳ラッパー、Loyle Carner(ろいる・かーなー)を発見しました。
これだからSoundCloudはあなどれません。

「A Little Late」なるデビューEPをリリースしたLoyleですが、6曲入りEPにしてこの濃密度と完成度。
自身の年齢も含めて考えると、これは正にデビュー作にしてマスターピース。
トラックもスモーキーでソウルフルなものだらけ、音楽センスを大発揮していて個人的には大好物です。
どこかフランス産のMC Solar的な空気もあり、好き具合に拍車をかけてくれました。

YouTubeに動画等もなく、Tom Mischなるアーティストの客演音源のみ発見。
ところがどっこい、このアーティストもツボってしまいました。



Tom Mischもロンドン出身の19歳(!)、ギタリスト、ヴァイオリニストでありコンポーザーと言うマルチ・ミュージシャン。
なんというメロウなトラックを作るんでしょう。
どうやら掘り下げて行くと、J DillaやMos Defといったソウルクエリアンズ一派からの影響がかなり大きいようです。



ロンドンのブラック・ミュージックが熱いのでしょうか。
もはや、ブラック・ミュージックはブラックというカテゴライズするべきではなくなっているのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/1436-c4db9ec2
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。