スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rhymefest [Blue Collar]

2006年07月17日 20:16

遂にリリースされました、Rhymefest(らいむふぇすと)のデビューアルバム!
Blue CollarBlue Collar
Rhymefest

Allido/J-Records 2006-07-11
売り上げランキング : 20200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


=トラックリスト=
1. Feel Free (Intro) feat. Q-Tip
2. Dynomite (Going Postal)
3. Brand New feat. Kanye West
4. Fever
5. All I Do
6. Get Down
7. More feat. Kanye West
8. Chicago-Rillas feat. Mikkey & Bump J
9. Stick
10. All Girls Cheat feat. Mario
11. Devil's Pie
12. Sister feat. Mike Payne
13. Mr. Blue Collar (Interlude) feat. Malik Yusef
14. Bullet feat. Citizen Cope
15. Tell a Story
16. Build Me Up feat. ODB

→Rhymefestのmyspaceはこちら

早速購入してきました。
Kanye Westの名作「Jesus Walks」のゴーストライターとして一躍有名になったRhymefestですが(実際はゴーストライターではなく共作であると訂正されました)、Kanyeとの先行曲「Brand New」が世に出回ってからはしばらく音沙汰がありませんでした。

上記のトラックリストのゲスト陣の豪華さを見るだけでも、レーベルの期待度が伺えます。
1曲目からQ-Tipという放出っぷり!が、イントロなので1分少々で終わってしまいます。
教会の説法ゴスペルのようなオルガンが響く面白曲。
Q-Tipも、彼らしくなく映画「Blues Brothers」出演時のJames Brownかのように声を張り上げてます。

(4)Fever ジャズのスタンダード「Fever」をネタにミドルテンポのビートがズシッと響きます。
こういうちょっとスレたネタ使いって、Kanye仕事かなと思っていた所、So So DefのNo-IDの仕事でした。
ちなみにFeverはLa Lupeなるアーティストのバージョン。

(7)More 私にとってこの1曲だけでも買う価値あり!
Kanyeを客演に迎えてのCool & Dreのプロデュース。ピアノの旋律が何ともメロウで素晴らしく、その上に乗ってくるギターフレーズも哀愁感があって良い。
しかもこの曲、サンプリングソースがないようなので、完全オリジナルなのかな?
素晴らしい!

(9)Stick Animal Houseプロデュース。
イントロから聴き覚えのあるカウベルのリズムが。
RunDMCでも使われていた「Take Me To The Mardi Gras」でしょうか。
ただ、歪んだギターのフレーズは完全にRunDMCのアレだと思うのですが、表記なし。
で、カウベルの音が入らない所はYing Yang Twinsの「Wait」をいただいちゃった感じのプリミティブトラック。
いただいちゃってまーす って感じのふざけ方がまたたまらない

(12)Sister わかりやすくEddie Kendricksの「Intimate Friends」を下敷きにしてます。
原曲好きにはたまらないでしょう。
あれ?Alicia KeysのUnplugged以外でこの原曲を使ってたのって誰だっけ??
んー、思い出せない!

Interlude扱いですが、Rhymefestと同じくシカゴ出身のMalik Yusefを(13)Mr. Blue Collarで起用している所にも好感を覚えました。

The Great Chicago FireThe Great Chicago Fire
Malik Yusef

Nice Tunes 2005-06-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Malik Yusefも映画「Coach Carter」のサントラにも参加していたりとなかなか活動的なのですが、いまいち芽が出ないのが残念です。
彼のアルバムは捨て曲なし、久々に最後まで通して聴けたアルバムでした。

話がMalik Yusefに逸れてしまいましたが、アルバムの締めくくりがOl' Dirty Bustardを招いた(?)耳に残る(16)Build Me Up というのが更に良かった。
プロデュースはMark Ronsonによるもので、映画「メリーに首ったけ」のラストで流れていた「Build Me Up Buttercup」を正に大ネタ使い!
一聴した時はOutkastの「Hey Ya!」的な、狙い撃ちでウケをとろうという魂胆か?と思ってしまいましたが、違ったようです。
この辺のユーモアとウィットの絶妙なスタンスがRhymefestの持ち味なのです。

どこかのブログに「Kanye and Rhymefest must not be cool anymore」といった感想が書いてありましたが、coolかどうかはあまり関係ない気がしました。
これだけの良質トラックと良曲を消化しきれるアーティストはなかなか見つからないと思いますし、実際アルバムを通して聴いてみるとポップな感触が多くありました。
今のヒップホップのご時世で、誰が「Build Me Up Buttercup」をバックに嬉々として歌い上げる事ができましょうか!

Rhymefestには、ラップと言うよりもエンターテインメントに近い方向性を感じるペパロニピッツァでした。
タイトルにあるような「Blue Collar(青い襟)=労働者階級」という深刻なテーマと取られてもおかしくないようなタイトルとは無縁なトラックが多かった事も救いかな。



kanye West共演の先行曲だった「Brand New」のPVはこちら。


あ、あとKanyeが大分参加しているにも関わらず、レーベルが「Getting Out Our Dreams」ではなかったこにも少し疑問。
あのレーベルって、今一体どうなってるの?
スポンサーサイト

コメント

  1. catch | URL | -

    >あれ?Alicia KeysのUnplugged以外でこの原曲を使ってたのって誰だっけ??

    213のAnother Summerが思い浮かびました!他にもあるかもしれませんが・・・。
    今日タワレコ行って買おうか迷ってたんですけど
    これ読んで買っとけばよかったーと思ってます。

  2. マージ | URL | qLbumvAU

    はじめますて

    俺も買いました。
    個人的にはDevil's Pieが好きですね。

    "Intimate Friends"使ってるのは自分も213のAnother Summerしか思い出せません。あれたしかKanyeプロデュースでしたしね。でSisterもKanyeプロデュースかと思って調べたらこちらもNo-IDでした(笑

  3. ペパロニピッツァ | URL | yl2HcnkM

    >

    >catchさん
    そうです、213でした!
    記事をアップした後、必死になって思い出しました。
    是非fleaosulを読んだ上で試聴してみて下さい!きっとレジに足が向かうはずですから。

    >マージさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    Devil's Pieもロカビリー色が混ざったような面白い感じでしたね!
    タイトル的に「D'angeloか?」と思ってしまいました。
    Intimate Friendsと言えば、213と「Gridlock'd」のサントラにも一曲あったのを思い出しました。
    たしかSWVだったかな??確認不足でございます・・
    No-IDは、ほんと良い仕事してますね!

     では、ごきげんよう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/176-a5b8f893
この記事へのトラックバック

Profile

ペパロニピッツァ

Author:ペパロニピッツァ
fleasoul管理人

Twitterアカウントを遂に開設しました。
(基本的にはブログ更新告知のみの予定)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。