スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Damian Marley [Welcome to JamROCK]

2005年09月23日 01:22

B000ASATWQWelcome to Jamrock
Damian "Jr. Gong" Marley


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



=トラックリスト=
1.Confrontation
2.There For You
3.Welcome To Jamrock
4.The Master Has Come Back
5.All Night feat. Stephen Marley
6.Beautiful feat. Bobby Brown
7.Pimpa's Paradise feat. Stephen Marley and Blackthought
8.Move!
9.For The Babies feat. Stephen Marley
10.Hey Girl feat. Stephen Marley and Rovleta Fraser
11.Road To Zion feat. NaS
12.We're Gonna Make It
13.In 2 Deep
14.Khaki Suit feat. Bounty Killer and Eek-A-Mouse
15.Carnal Mind


これは今季、買いの熱い新譜です!
夏は過ぎたけど、関係なく熱い!

Reggaeの立役者、Bob Marleyの系譜、Damian Marley(だみあん・まーれぃ)です。
Bobの血を受け継いだチルドレンは数多くいますが、DamianとStephen Marleyとは母親が異なるいわゆる異母兄弟だそうです。

とは言っても、Damianの音楽性が薄まったという事はなく、むしろBobが持っていた柔軟性を受け継いでいるように思います。
それが巧く表現されているのが今作「Welcome to JamROCK」。
良い意味でアメリカナイズドされた面もあり、また正統派レゲエビートも使いこなせるハイブリットと言うのが正しいかな?

Bobと縁のあるウェイラーズのBunny Wailerのダイアログから始まる(1)Confrontation。
ドラマチックなオーケストラ弦の音が気持ちを高揚させます。しかもアップテンポダンスホール!
途中で現われるミリタリービートがばっちりハマってます。

そして(2)There For You。
ドラム、ベース、ピアノ、ギター、全て生演奏でのオーセンティックなレゲエ。
ちょっといなたく切ないコード進行が良いです。
ただ、普通のレゲエではなく、どこかしらにR&Bな要素を感じ取れます。
女性のコーラスも充実。

そして!
(6)Beautiful。なんと客演にBobby Brown!
まず驚いてしまいました。なんすか、この人選は~
イントロからサックスが素敵なミドルアップダンスホール。
イントロ付近でBobbyが「the Revolution will not be televised」と言ってました。そしてBobbyのヴォーカル力もまだ衰えていなく、安心しました。

続く(7)Pimpa's Paradiseはthe RootsのBlacktoughtが参加。
アコースティックギターと女性コーラスが牧歌的雰囲気を出しています。
タイトルからして、Coolioの「Gangsta's Paradise」でも引用してるのかと思ったら何の関係もなし!
むしろ父Bob Marleyの「Pimper's Paradise」を下敷きにしています

(8)Move!
すごくエレクトリックとレゲエダンスホールのおいしい所を渡っている曲です。
またもや父Bobの「Exodus」を引用。Utadaのではありません
とにかく、ビート及びトラックが非常にドープ。
ベースラインも絶妙な掛け合いで入ってきます。かっこよい!

fleasoul的には最後に(11)Road to Zionにも触れておきます。
NaSが意外なとこから参加、完全ヒップホップです。
Ella Fitzgeraldの「Russian Lullaby」をサンプリング。
NaSも相変わらずストイックな声で登場、ダークな曲調にマッチしてます。
90年代、Fugeesを思い出すサウンドプロダクションでした。


というわけで、ここに紹介した5曲を聴く為だけに購入するのも断然アリ!
あまりにかっこよすぎてペパロニピッツァは衝撃を受けました。

Damianは以前Stevie Wonderのトリビュート盤にて「Master Blaster(Jammin')」をカヴァーしていただけに、参加を期待してみましたが無さげです。
あと完全なるフォロワーと化してしまったWyclef Jeanもアルバムに読んであげて欲しかったですが、それは口に出さない事にします。(Lauryn Hillも参加してない事だし)

→Damian Marleyオフィシャルサイトへ


スポンサーサイト

コメント

  1. めぐみ | URL | hCQmu5uI

    おぉ!

    このアルバム、聴きたいと思ってたんです!
    Bobby BrownやNasも参加してるんですね。

    情報ありがとうございました~。

  2. elina | URL | -

    はじめまして

    実はけっこう昔からココを楽しく拝見させて頂いてました
    はじめてコメントを残してしまうのでちょっと緊張
    実はDamianのそのアルバムにかなりやられまくっている真っ盛りで、先日自分のblogにも書いてしまった所で、こちらにきたら、ペパロニピッツァさんも好きなんだ!と、勝手に嬉しくなってしまいました。笑
    Damianのエントリーだけじゃなくて、ペパロニピッツァさんの記事はおもしろかったり興味深かったり、為になったりしてます。

    Damianの新譜は想像100倍くらいによくて、毎日何回も聴いてます。
    秋のReggaeって、また真夏とは違った良さがありますよね~

  3. ペパロニピッツァ | URL | -

    >めぐみさん
    迷わず買いですよ~!
    そうなんです、意外に濃い面子が参加してます。
    聴き易くもあり、聴きにくくもあり、その辺のバランス感覚が鋭いです☆

    >elinaさん
    初めまして、コメントありがとうございます!
    Damian、良いですよね~★彼の声自体に哀愁があると言うか。
    レビューほどの情報力はないのですが、感想サイトとして御愛玩下さい!
    今からelinaさんのとこにもいってみます@@

     では、ごきげんよう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/26-7fbf8c3e
この記事へのトラックバック

Profile

ペパロニピッツァ

Author:ペパロニピッツァ
fleasoul管理人

Twitterアカウントを遂に開設しました。
(基本的にはブログ更新告知のみの予定)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。