スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックミュージックとモノクローム(remix)

2005年09月23日 12:59


伝説君こと、John Legend(じょん・れじぇんど)の新シングルと見受けられる「Ordinary People」のPVがMTV.comで公開されていました。

→MTV.comのJohn Legendページへ

PVは全編通してモノクロームで進行していきます。
アフリカンアメリカンのカップルがけんかをしていて、「子供はどうするのよ」等と女性が激しく詰め寄り、男性が思わず手を挙げてしまいます。

アジア系の親子も登場し、離婚寸前なのか、父親が母親から息子を奪おうとしている場面も。(この時の男性の顔だけが意図的にボカシ入っている気がするのですが、どうでしょう?)

白人家庭の親子も登場し、どこの家族もそれぞれ問題を抱えているんだよ、というメッセージが伝わってきます。

ピアノの黒鍵と白鍵を意識させるためか、伝説君とピアノ以外は背景も真っ白のホワイトスクリーン。
巧い具合に登場人物がアップでカットインしてきたり、小さくなったり、CGの効果もシンプルで素敵です。

このOrdinary People、アルバム収録曲の中でもしっとりしている部類に入る曲だったのですがまさかこのタイミングでPVが出てくるとは思ってもみませんでした。
PVもお洒落なので、ますます伝説君のファンが増える事かと予測できますね。


ブラックミュージックのアーティスト、と言いますかアフリカ系アメリカ人はモノクロームのPVがかなり映えますね。
何が?って訊かれるとわかりませんが、ヴィジュアルの問題でしょうか。

ここ最近もモノクロームのPVがブラックミュージック界でも注目されているようで、3作品発見しました。
まずはSnoop Dogg(すぬーぷ・どっぐ)の「Drop It Like Its Hot」のPVもそうでした。

モノクロの中でCGを巧く使ってギャルが尻踊りしてたり、ハイドロのローライダーが登場したり。

Snoopの場合、曲もプリミティブな感じだったのでシンプルにモノクロになったのだと思います。曲に合っててDopeなPVですね。

次はDestiny's Childの「Soldier」。

やたら沢山のソルジャーが出てきて誰が誰だか判別不可能な場面もありますが、これも全編モノクローム。
伝説君のPVとは正反対にゲストが多いです。
原曲でも参加していたT.I.やLil' Wayne、Ice CubeやBeyonceの妹Solange(画像でおなかの大きい女子です)などなど。


モノクロームの火付け役として一番正しいのは、2003年のVMA大賞を獲得したJay-Zの「99Problems」で間違いないでしょう。

この曲もロック調で混沌とした雰囲気がマッチしてます。
ただ他の3作品に比べるとアート色が強いですね。

→MTV Jay-Zページへ
→MTV Destiny's Childページへ
→MTV Snoop Doggページへ


白黒と言う意味で一番の開拓者は、このエボニーとあのアイヴォリーですが。


*モノクロームに関する豆知識ですが、白黒の事をモノクロというのではなく、単一色のみで構成されている画の事をモノクロームと言うんだそうです。
つまり赤だけでもモノクローム。
日本人からすれば物黒って思いますけどね!
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/27-020be066
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。