スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Game [Better On The Other Side]

2009年07月02日 09:11

tribute-to-mj.jpg

長い間、傷心のうちに更新を怠っていました。
ご無沙汰しています、管理人です。
元気ですが、やはり心にぽっかりと穴が空いた感じです。

そんな中、いち早くマイケル・ジャクソンのトリビュートソングが出現してきました。

The GameとDJ Khalilが発起人となって完成した「Better On The Other Side」なる楽曲です。
ピアノがメインのしっとりしたトラックですが、やはり今のヒップホップシーンで、こういう哀愁トラックが似合うのはThe Game以外にはいないような気がします。

そして、フックを歌うのはChris Brown。
ポスト・ポスト・マイケルジャクソンと呼ばれた彼を招いたのは正解だったかもしれません。
しっかりと歌いきっています。



更に、PVの明記を見ると
Diddy、Usher(ぽすと・まいける・じゃくそん)、Boyz II Men、Mario Winans、Polow Da Donの名前が挙げられています。
DIddyに関しては、Notorious B.I.G.の逝去の際もいち早くトリビュートソングを発表しただけに、今回も動きが機敏です。
ただ、MOTOWNの50周年記念アルバムでJackson5のリミックスを手掛けていたので、良しとしましょう。(ビジネスだけの理由でないと信じましょう)

The Gameのリリックも、胸を打つ内容。
やはり彼の音楽とダンスが世界を明るくしてくれた、的な完全なトリビュート。
しかも、なんとThe Gameは自分の右腕にマイケルのタトゥーを入れたようです。(PV内で披露)
意外な人物The Gameが、という驚きと楽曲の良さに更新を再開してみました。

これからますます、こういったトリビュート関連の動きが増えるかと思いますが、それはそれでマイケルを忘れないでいられるようで嬉しいのですが…
複雑な心境です。



マイケルに穏やかな平和が訪れますように。
Rest In Peace, MJ...
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/701-25fc8de0
    この記事へのトラックバック

    Profile

    ペパロニピッツァ

    Author:ペパロニピッツァ
    fleasoul管理人

    Twitterアカウントを遂に開設しました。
    (基本的にはブログ更新告知のみの予定)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。