スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nate Dogg、逝去。

2011年03月21日 00:21



西海岸を、そのシルキーボイスで支え続けてきたNate Dogg(ねいと・どっぐ)。
先日41歳という若さで逝去してしまいました。
立ち振る舞いから、服装、どこから見ても「G-Funk」という、Snoop Doggと併せてのお手本のような人物でした。
と、3行で語りきれるようなアーティストではなく、彼がラップミュージックにどれだけの貢献をしてきたのかは計り知れません。

もちろん、皆がそう感じているのは当然のようで、東海岸のDJ Premierが自身のブログで、Nate Doggの楽曲だけを繋いだミックスを公開しています。(上記プレイヤー参照)

長い間、ラップミュージックのフックシンガーとして様々な楽曲に客演してきたNateですが、ソロシンガーとして初めてのデビューは映画「Murder Was A Case」のサントラに収録された「One More Day」でした。



Nateが持っているタフネスとクールネス…。
唯一無二だと思います。



Warren Gと組んだ「Regulate」は、もはやヒップホップクラシック。
ほんとに、今後誰がこの清涼感を出せるというのでしょうか…。



最後の特筆すべき仕事としては、盟友Snoop Dogg(すぬーぷ・どっぐ)への楽曲に参加した「Boss' Life」でしょうか。
アルバム「Tha Blue Carpet Treatment」に収録された楽曲ですが、実はアルバムでフックを歌っているのはAkon(えいこん)。
アルバムをリリースしたあとに、ファン側のレビュー等で、「こんなに完璧な西海岸マナーな楽曲に、Nateを使わないで何を考えてるんだ?」という意見が多く、Snoopは仕切り直してNateを迎えてPVを制作した経緯があります。
今思えば、Nateの病状が思わしくなくSnoopも泣く泣くAkonにフックを歌わせていたのかもしれませんね…。
これがDr. DreプロデュースによるSnoop Doggの楽曲にNate Doggが参加したという、実質最後の”西海岸”トラックという事になってしまいました。

シンガーとして2作のアルバムを遺したNateですが、入院退院の繰り返しの影響と、ラップミュージックの飽和状態による楽曲のクオリティ低下のせいもあってか、晩年は名曲と呼ばれる楽曲への参加が皆無に近かったわけですが、彼の歌声は私の心の中にいつまでも生き続けていきます。

今頃、向こうで2Pacと再会しているぐらいでしょうか?



Rest In Peace, Nate Dogg.

【関連作品】
G-Funk Classics 1 & 2G-Funk Classics 1 & 2
Nate Dogg

Thump Records 2011-02-22
売り上げランキング : 778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Music & MeMusic & Me
Nate Dogg

Elektra / Wea 2001-12-03
売り上げランキング : 4023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エッセンシャルズ・ネイト・ドッグエッセンシャルズ・ネイト・ドッグ
ネイト・ドッグ ウォーレン・G バーバラ・ウィルソン スヌープ・ドギー・ドッグ ダニー・ブッチ・ミーンズ 2パック・シェイカー コラプト ダズ・デリンジャー

ビクターエンタテインメント 2001-11-14
売り上げランキング : 5160

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

コメント

  1. | URL | 8LnHjfYg

    Re: Nate Dogg、逝去。

    こんなに体調悪かったんですね・・・
    絶対戻ってくると信じていたのに悲しいです
    どうか安らかに
    rest in peace.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fleasoul.blog24.fc2.com/tb.php/988-44e95eb9
この記事へのトラックバック

Profile

ペパロニピッツァ

Author:ペパロニピッツァ
fleasoul管理人

Twitterアカウントを遂に開設しました。
(基本的にはブログ更新告知のみの予定)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。